バンワエレベキ

バンワエレベキレポート2018

投稿日:

2018.7 バンワエレベキ

個人的には、この種類が一番、かっこいいように感じます。オブロンコナダとはことなるカッコよさです。

 

2018.8 生む

お腹がパンパンのもうそろそろのメスがいたので、別のケースに隔離して、しばらくしたら、すぐにベビーを産みました。特にメスはかなり太っていたので、どのくらいの数が生まれるのか期待していましたが、51匹産みました。この種類は印象としては、成長スピードがマダガスカルゴキブリよりも速いような気がします。同じマダゴキでも、特徴が違うので、何の差なんだろうと主舞す。

卵鞘を落とす


バンデットジャイアントヒッシングローチ(バンワエレベキ)が卵鞘を落としてしまいました。ショックです。数えてみると約60ほどあります。すべて成長しないとは思いますが、デュビアに比べると多いですね。

2018.9 成長

バンワエレベキの8月に生まれた子供ですが、他のマダゴキに比べて、成長スピードが早いような気がします。

2018.10 一部成虫になる

今回は、10月も終わり頃の投稿になりますが、8月初旬に生まれたベビーが、現在2匹、成虫になっています。成虫といっても、成熟して、体がガッチリするまでには、まだ時間はかかりますが、同時期に生まれた、マダガスカルゴキブリやラエビガータと比べても、圧倒的に成長が早いように思います。この差はなんなのかが不思議です。ただ、個体の成長に関しては、この種類は、差が激しすぎで、小さいものは、まだ2センチくらいのもおります。同じケースの中で育てているのに、この差は何なのかが不思議なところです。

-バンワエレベキ
-

Copyright© 【昆虫】ゴキブリガール ~ペットローチ飼育~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.