フラットホーンヒッシングローチ

インシグニス 7cm

投稿日:

いつもは、流れ作業的に、餌の交換をやっているのであまりきづきませんでしたが、インシグニスのケースをじっくり見てみると、かなりでかいものがでてきました。一瞬、オブロンゴナタかとおもいましたが、そんなはずはなく、巨大化したインシグニスでした。

図ってみると、7センチあり、ケース内でずばぬけて、大きな個体でした。次に、6cm越えは数匹いますが、いずれも巨大化しているのはオスで、メスは、5センチ前後以下といったところです。

インシグニスは、体が平らなので、横幅があり、大きいものになってくると、かなり迫力があります。まだ、個体数がすくないので、爆発的に増えているという感覚はありません。というのも、100円均一の小さなケースで密集して飼育しているので、適度に生まれても、適度に死んでいるのです。昨年より、何度か生まれているのですが、数としては、当初とかわらいなのです。笑 つまり、産まれてきても、死んでいるのです。飼育ケースが狭いのが原因だと思います。又は、成虫と幼虫を分けたほうがよいのかもしれませんし、そうでないなら、徐々に広いスペースに移行した方が効率よく繁殖するように思います。

マダガスカル系ゴキブリって、増えてくると飼育スペースを取りすぎるし、それ以上飼育スペースを使いたくないというところまで増えた場合、そのままだと、どれだけ増えたとしても、成虫と生まれたての幼虫を分けておかないと、ほとんどの幼虫が成虫までに死んでしまうように思います。なので、なにか良い方法はないものかと考え中ではありますが~… みんなどうやって管理しているのだろう。

話は変わりますが、最近、マスクが売ってないので、同じマスクを何回もつかっています。2月の中頃に、来週にはマスクが供給されるようなことを政府が言っていた時期があったので、それを信用していましたが、いつまでたっても、お店にもネットにもありません。特に、私は花粉症なのと、アレルギー体質なので、コロナ以前から、マスクの使用度は高かったです。困っている人多いと思います。早くコロナが収束してほしいところですが、1年以上続くとかいう予測もあるので、こりゃやばいですね。

 

 

 

 

 

-フラットホーンヒッシングローチ

Copyright© 【昆虫】ゴキブリガール ~ペットローチ飼育~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.