記事

コナダニ発見(涙) 早めの対応

投稿日:

最近、雨が多く、晴れた日が少ない日々が続いております。心配なのは、コナダにが繁殖してしまうのではないかという嫌な予感があります。

日中は、飼育ケースには、ダニは確認できないのですが、夜確認してみると、重ねて管理してある一番上のケースだけ、ダニが動き回っていました。

ケース内のコナダニを観察してみると、ワセリンの上でも、普通に歩いてますし、フタの内側の一箇所に固まっていたりします。毎回思うことは、ケース内の餌や卵パックよりも、ケースの壁面やフタに多いような気がします。それだけ、蒸れているので、外に行こうとしているのかもしれません。

飼育ケースは、衣装ケースを利用してフタはせず、木を二本置いて、その上に、ケースを重ねていくというやり方です。しかし、一番上ケースだけは、フタを軽く3/4開けた状態にしたものでした。なので、湿度が上昇してしまったのでしょう。夏場なら問題ないですが、こういう日が続くと、空気自体に湿気が多く、少々フタをずらして換気したくらいでは、いまいちなのかもしれません。

まだ重症ではない許容範囲ですが、これを放置すると、ある日、一気に増殖して手がつけられないような状態になるので、早めにケースごと取替えようと思います。応急処置として、ゴキ専用の掃除機で見える部分だけ吸い取りましたw

…しかし、今年は、7月だというのに、今週の天気を確認しても、ずっと曇りか雨です。早く夏らしい天気になってほしいところです。

 

 

 

 

 

 

-記事

Copyright© 【昆虫】ゴキブリガール ~ペットローチ飼育~ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.